blog index

熱血建築士やまちゃんのつぶやき

千葉県建築士会 広報委員

熱血建築士やまちゃんが熱く語る!
最近、重要文化財などの研究に興味を持ち始めました。
また、建築と福祉についての関連について勉強しています。
みなさんのコメントお待ちしております!
縁側を広げて気軽にお茶しよっ(^^)
ご近所の方々が、気軽に立ち寄れる
広いお茶の間的な空間が欲しい!

陽だまりもたくさん摂り入れて、和風の居間の雰囲気と
調和したくつろげる空間を!!


そんな願いから、縁側拡張工事が行われました(^^)


旧家の縁側:
間口は広く奥行きは約90cmと一般的なサイズの縁側




縁側拡張のための基礎:
このサイズまで広げて部屋としても使いたい! との要望で大きく広げました!




出来上がったお茶の間的な縁側:
奥行きを約230cmに広げて桧の床にしました。 あったかそうです。
 
桧は、色調が柔らかく保温性に優れ耐久性があります。
廊下いちめんの窓から差し込む光が、桧の床に
暖かい陽だまりをつくっています。

今回は、『生まれ育ったこの古い家を大切に使いたい』そんなご家族の願いから
貴重な古民家再生の経験をいただきました。

私たちの地元では、築50年以上の伝統的な古民家がまだまだたくさんあります。
しかし、核家族化の中、住人にとってリフォームか?建て替えか?悩む方も多いようです。

今まで慣れ親しんだ家をとり壊してしまうのは、あまりにしのびない、
しかし、現代の様々な便利な機能も取り入れたい。
そんなお気持ちに、これからも応えていきたい『やまちゃん』でした。
| やまちゃん | - | 16:27 | comments(0) | - |
佐賀にて その2
 皆さんお元気ですか?

佐賀の続編です。




トンバイ塀:
トンバイとは、登り窯を築くときに使った耐火煉瓦

この塀は、実に味わい深い物であって窯道具や焼き物の破片などを
赤土で固めた物だそうだ。また、薪に使われた赤松の松脂や焼きものの
釉薬が飛び散ってユニークな色になっています。
ここは,『辻青磁社』
門には、宮内庁御用達の看板が掲げられています。
今でも、天皇家に献上しています。

これを、建物の外壁に使えないかな?
デザイン的には悪くないと思うけど、構造的にはどうかな?
そんなことを考えながら、塀に見入っていました(^_^)




丘の棚田:
この棚田は、擁壁に石を積み上げて作られています。

この先に売店があり、棚田を眺めながら、
バーベキューを楽しみました。
佐賀牛は、他のものと比べて柔らかな歯ごたえで、
味にはコクがあって美味しかったモグモグ
また食べてみたい ε= o(´〜`;)o




からくり人形大時計:
30分毎に動き出すからくり時計

小さな秋みつけた のメロディが鳴り
からくり人形が動き出します。
大きな鉄球が、転がり出してその反動で動くようです。
見学者一同、時の経つのも忘れて見ていました(^_^)


鍋島藩は、江戸時代に将軍や幕府の要人に焼き物を
贈り、恭順の意を示しました。藩をあげての産業に
今でも多くの人の心が打たれています。

佐賀では、地酒を買う機会がありませんでした。
今回は、嬉野茶を買っておみやげにしました(^▽^)/
| やまちゃん | - | 02:28 | comments(0) | - |
ノスタルジックな町
 お久しぶりです!
今年もヨロシクお願いします

さて、今回の町並み探訪は千葉県は上総にある大多喜町です。

大多喜町は、『どこかノスタルジックな風の吹く町』として
アピールしています。

町に着いて、まず一番最初に見学したのが大多喜小学校です。
千葉県建築文化賞受賞


校庭からは、大多喜城が望めます
お城に見守られながら、この町の子供達は成長して行くんですね


次に、見学したのが大多喜町役場です。
日本建築学会賞受賞


早大建築の象徴とまで言われた作品
今年は、増築工事をやっています。
新しくなった増築部分を見学したいと思っていましたが、
まだ工事中でした。(^^;;
完成したらまた見学に行こうと思います。


さらに続きまして、渡辺家住宅です。
国の重要文化財に指定されています。


説明によりますと、江戸末期の商家だったようです。
こういう建物を見ると全盛期にはどんな感じで使われ
ていたのか、また、どんな人たちが住んでいたのか
など、当時を推察してみたくなるんです。やっぱり
中に入って見学してみたいものですね。


大多喜の街に魅せられて、あちこち歩いているうちに
お腹のほうも、大多喜を堪能したいということで、
街の中心付近にある『とんかつ亭 有家』で、
とんかつを食べてきました。
久々のとんかつに、お腹のほうも大変満足!
これが、『旗本とんかつ』です

おいしくって大きかったです。このほかにも、
大名とんかつ・家老とんかつなどがありました。
大名だなんて自分には恐れ多いので、
旗本にしておきました(^^;


さて、今回の見学の閉めはこれ!! 酒造元の見学です。
豊乃鶴酒造(国の重要文化財)

銘酒『大多喜城』の醸造元
明治初期の建造物です。
表の通り沿いに「お酒は中にあります」という貼り紙が・・・
もちろん、中に入っていかないわけがありません(^^;;
中に入っていくと、社長自ら対応してくれました。
大多喜の町のことや役場のこと、それから市街地から山に
差し掛かったところにある六所神社の話などしてくれました。
もちろん、忘れずにお酒も買いましたよ(^^)




大多喜町の人々は、徳川四天王 本多忠勝 が治めていた
由緒正しき町の住人として気概を持っている。
そんな、大多喜町の人々にふれた一日でした
| やまちゃん | - | 00:48 | comments(4) | - |
佐賀にて
 千葉県建築士会では、広報委員会で活躍中のやまちゃん
すこ〜し、投稿もしています


さて先日、全国大会に行ってまいりました。
今回の会場は、『佐賀』です。

佐賀と言えば、有名なものの一つに『陶磁器』があります。
焼き物は、芸術性が高く、見る人の心を魅了させます。
自分も、多分に漏れずすっかり虜になってきました。

見ればみるほどに、良さが伝わってきます。
そして、伊万里では焼きものの『絵付』を体験しました。

写真



?自作湯呑み
写真



写真,蓮国重要文化財の『染付鷺文三脚付皿』
写真△蓮△笋泙舛磴鷓遏‥鯑櫃瀉穗

どうですか? 我ながら・・・・。
このデザインがすっかり気に入ってしまいまして・・・。


佐賀でのお話は、また続編を書きますが、今回はこの辺で
| やまちゃん | - | 02:33 | comments(0) | - |
蔵の再利用

写真 .▲肇螢┐鵬装された蔵(S市)写真展やコンサートにも使用されています。



写真◆(匹鯆召靴紳◆K市)新しい梁で補強されている



写真 ブリキのランタンが印象的です。(K市)



お久しぶりです! 実に5ヶ月ぶりですね
皆さんお元気だったでしょうか?

 11月に入って段々と寒くなってきました。
やまちゃんも、ついこの前風邪を引きまして・・・・。
4日ほど寝込んでしまいました。


さて、今回は蔵の再利用のはなしです。

その昔、蔵では色々なものが貯蔵されていました。
一定の室温・湿度を保ち、酒や味噌・醤油などを醸造するためのもの
荒物や小間物などの物資を保管するためのもの
など、さまざまな使われ方をしてきました。
最近では、蔵を維持・管理するための手入れや補修をするのにも、
技術的・経済的に難しくなり次第にその姿を消しています。

そんな中で、新たな目的で再利用する方もいます。
写真,蓮∩芦鷯匆陲靴深鯊△瞭眩です。
ギャラリー・コンサートホールに再利用されています。
写真△蓮∩匕砲箸靴道箸錣譴討い紳△
個人のアトリエに改修した蔵です。
写真は、レトロ感溢れているランタン。まだ、現役活動中です

伝統的な建物である蔵
当時の面影を残しながら、現代的に再利用する。
非常にいいですね〜!


やまちゃんの地元では、自宅の蔵で地元のコシヒカリと大豆で
自家製味噌を作っている方もいます。
この冬は、毎日この味噌汁を飲んで元気にがんばるぞー
| やまちゃん | - | 22:36 | comments(4) | - |
佐野路にて
寒暖の激しい季節ですが、お元気ですか?

古きよき時代というものがありますが、建物も同じで古きよき建物というものがあります。

自分は、そういうものに大変興味があり、時間を見つけてはよく探訪に出かけています。

栃木県は、佐野市の観光記事を見た時に、是非行きたかったのが

『みそまんじゅうの新井屋』 さんでした。

先日、機会があって行ってまいりました。

この建物は、明治10年頃の建築だそうで、もとは調剤薬局だったそうです。









新井屋さんをあとにして、少し車を飛ばすと、『第一酒造』さんがありました。

ここは、創業330年で栃木県最古の蔵元だそうです。

自分も、最近はよく日本酒を好んで飲むようになりました。

ここでは、『開華』という名の純米吟醸生酒をお土産に買いました。

家に帰って、味噌まんじゅうを肴に、おいしくいただきました。



| やまちゃん | - | 01:22 | comments(0) | - |
花見に来て


先日、公園で桜を見てきました。

ここのところ、雨の日や寒い日などが続きましたが、季節は着実にその歩を進めていたようです。

桜の花が咲くころは、学校行事などを含め数々の思い出があります。

それらの思い出に浸りながら、また、桜の花の暖かさ力強さを感じながら

春の日の昼下がりを満喫することができました。


桜は、よく床材に使います。ケヤキなどと同様に硬い材質で、色は桜色のものが多いです。

桜材を敷き詰めた床に立つと、きれいな色と温かさに包まれます。



 
| やまちゃん | - | 01:36 | comments(2) | - |
トイレ改装

トイレ改装後




先日、学習塾のトイレを改装しました。

改装に先立って、打ち合わせを綿密に行い便器・壁紙など検討しました。

工事前と工事後の画像をアップ!

思いのほかきれいな、あたたかみのある空間が演出できました。

子供たちが、喜びそうな色使い、また、青空・星空を感じることのできる天井

前面の手洗い器は、標準よりも少し下げて取り付けました。



何よりも教室の先生に大変喜んでいただきました(^^)



| やまちゃん | - | 04:06 | comments(0) | - |
本年もよろしくお願いします







あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いします

 今年は、住宅版エコポイント制度があります。

 エコリフォームあるいは、エコ住宅の新築がそれに当てはまります。
 年内に工事着手あるいは、工事着工が必要になります。

 発行されるポイント数が大きくなることから
 交換対象を多様化する方向で検討しているそうです。
| やまちゃん | - | 01:38 | comments(0) | - |
年末で
 いよいよ年末です。
今年もあとわずかですね。

年末といえば、大掃除。
大掃除といえば?

そうです。
・障子の張替
・畳の表替え
・換気扇の掃除
など、まだまだいろいろあります。

最近、耐久性のある障子紙が出てきました。
破れにくいのが特徴です。
この為、毎年張替をしなくてもいいようになりました。
種類もいろいろあるようで、選択肢も増えてきました。

また、畳表も従来のい草だけではなく
和紙製のものもあります。
和紙でできた畳表も耐久性があるようです。

換気扇といえば、プロペラをイメージしがちですが、
最近ではシロッコファンがその市場を占めています。
メーカーによっては、自動洗浄機能が付いていて、
面倒な掃除をしなくてもすむようになりました。

年末の大掃除も、だんだんと手間が省けていくようです。
| やまちゃん | - | 23:01 | comments(0) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ